MENU

網野神社 平成の大改修、第二期工事へ

次世代へと継承していくため 網野神社及び境内改修費のご寄進を

 網野神社社殿は、延喜式内社であることから創立は十世紀以前とみられております。元々は三箇所にご鎮座されていたものを享徳元年(一四五二)九月に現在の社地に合併奉遷されたと伝えられています。昭和二年丹後大震災においては、網野神社拝殿が倒壊をはじめ大被害を蒙り、悲嘆のなか当時の先人方の献身的努力と篤い信仰心に支えられ立派に修復されました。
 長年にわたり、多くの区民の信仰と精神的な支えとして、日々の生活に深く位置づかれ、宮参り、地鎮祭、例祭などの神事が生活に密着し、脈々と神に対する信仰が当神社に寄せる尊崇の念として継承されております。
 これから様々な形で、網野神社の修復保存について情報を発信し、その活動をもって網野神社の維持発展に寄与したい、と奉賛会会員一同心を一つにしております。
 皆様の温かいご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。